【1890万件】青森安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

青森で小学校の転校手続きについて

2.png引越しをすることが確定した場合、お子さんがいるなら転校の手続きが必要となることが多いですよね。

転校の手続きは、あちこちに出向かないといけない上に、必要書類も多数あり困惑することも多いと思います。
急きょ決定した引越しの場合は、引っ越し先がはっきり分からないケースもあり得ますが、事前に準備しておけばそこまで苦労せずに手続きを終える事が可能です。

こちらでは、子どもを過去に転校させた経験のあるわたくしが、順を追いながら手続きを進める際の大事なポイントをお教えします。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.個人的な事情で、転居先の住まいがまだ本決まりしていません。転校手続きは進めていいのでしょうか。

A.転校はやむを得ずすることもあるため、特別に許可されるパターンもあります。例としては、DVや付きまといの被害にあって住所を変えたいが、まだ固定の住所を決められない場合です。特例が考慮されていますので、即座に相談しましょう。また、特認校という小規模学校もあります。離れた住居からでも通学OKの運営体制になっています。

Q.小学校の転校をする場合、それぞれの学校や教育委員会に子供も同席させたほうがいいのでしょうか。

A.通っていた学校は保護者の方だけでやり取りをして、書類の提出等しておきましょう。いつ頃、転校のことを他の子ども達に言うかなど、担任と打ち合わせが必要ですので、逆に子供がいると相談しづらくなります。逆に転校先では先生とお子さん、お互いが知っておきたいでしょうから、一緒にいきましょう。ただなにか伝えることがあれば先生にお伺いし、別席で会いましょう。

青森の教育委員会

住所:青森県青森市長島一丁目1-1
電話:017-722-1111(代表)
 

Q.公立から私立小学校へ転校できる?

A.できますが、多くの私立の方が学術の進捗がはやい可能性があります。転校してからキチンとした状況の把握は必要になります。


急な時には仕方ないですが、中でも市外・区外の転校だと、転校の手続きには何日もかかってしまう事が多いです。更に両親とも働いている場合だと、様々な書類のやり取りなど休みにしかできないので「続きはまた次の休みに」ということもあり、なかなか進まないこともあります。

新居に住む7日前に転出届を提出し、新居に住んだら二週間までに転入届、そのタイミングで学校への手続きも済ませないといけません…!

教科書などを買い揃えたり、時間がいくらあっても足りない状態になりそうですので、急を要する場合、極力小学校の長期休みの時期に行うのがベストだと思います。

夏休みと春休み、冬の休み中に焦らずに手続きを行いながらお子さんの様子をよくチェックし、フォローをしていく事が大切だと思いますよ。
kobetete.png